お知らせ

ブラッシング

いつもご覧になっていただきありがとうございます。

今回は衣類を整えてあげるのに効果的な「ブラッシング」の紹介動画です。大切な服を、長く大事に着続けるためには欠かせないのがブラッシング。その上手な使い方と、ケア方法をご紹介します。

ブラッシングの役割

①ホコリ・チリを払い落とす
②繊維を正しい流れに整える
③繊維に空気を通す

①ホコリ・チリ払い落とす

ニットをはじめ、「織り」の技術で製造された生地は、表面にホコリやチリが付着したまま放置すると、ニット自体が汚れを絡め取り、吸着してしまいます。季節ごとにクリーニングに出したとしても、ドライクリーニングは皮脂汚れのような脂溶性の汚れを落とすことが出来る反面、水溶性の汚れを落とすことが出来ません。ドライクリーニングでは落とし切れない汚れもあるということを考えると、ブラッシングで汚れが付着するのを防いだ方が良いというのが分かります。

②繊維を整える

新品のセーターやウールカシミヤのコートを思い浮かべてください。毛羽立ちはもちろん、毛玉もなく繊維が一方方向に流れています。このように、繊維には正しい流れの方向があります。新品の状態から、着古して徐々にセーターがくたびれていく主な原因が、摩擦によるものです。摩擦の多い脇の下、両袖、ポケットなど、生地と生地が擦れることによる擦れは、服を着て動けば必ず摩擦を受けるものです。

ニットを擦ると、正しい流れに沿った繊維が起きて、繊維同士が絡まりだします。この状態のままさらに着続けてできるのが「毛玉」です。

大切なのは、繊維同士が絡まりはじめた状態で、正しい流れに整えてあげること。それが「繊維を整える」ことであり、つまりは「毛玉を予防」に繋がります。

③繊維に空気を通す

上着をハンガーに掛けるというのは当たり前ではありますが、ジャケットやコートのシルエットをキープすると同時に、繊維に空気が通る状態を保つという意味があります。逆にハンガーにかけずに畳んだ状態で放置しておくと、空気が通らずペタンコになります。繊維が空気を含み、ふっくらとした状態の方がシルエットも保ちやすいので、生地の表面にブラッシングをして繊維に空気を通すことが型崩れを防ぎ、シルエットをキープするのに役立つというわけですね。

おすすめブラシ

ブラッシングは天然繊維を選びましょう。これは、静電気を防止するためです。ブラッシングの役目は「繊維の流れを整えること」
化学繊維の毛の場合、静電気が起こりやすいため、繊維の流れを乱してしまう恐れがあるのです。逆に、天然毛(例えば豚毛のような動物毛)は、適度な油分と水分を含んでいるため、静電気が起きにくいというメリットがあります。

-お知らせ

© 2021 三共クリーニング