しみ抜き事例

Gerard Darelブラウス-襟の皮脂汚れ落とし-

襟の皮脂汚れ落とし

いつもご覧になっていただき誠にありがとうございます。

今回は襟の皮脂汚れ落としについてです。脂汚れとは襟元、袖口に付着する「黄ばみ」や「黒ずみ」を指します。シャツやブラウスの襟などに皮脂汚れが付くと、普通の洗濯ではなかなか落ちません。皮脂は人体の皮脂腺から分泌されるもの。皮膚の表面に脂肪膜を作ることで皮膚を保護する役割をもち、人体にとって大切な機能を担っているのです。

では、なぜ皮脂が衣類につくと、なかなか落ちなくなってしまうのでしょうか? それは汗や皮脂などの汚れが空気中の酸素と化学反応を起こして、酸化してしまうからです。

「洗濯した後に一見キレイだった衣類が、長期保管しているうちに黄ばんでしまった」という経験はないでしょうか。これも衣類に残っていた汗や皮脂が酸化したことが原因です。どうしたら汚れを落とすことができるのでしょうか? 皮脂汚れの落とし方と予防方法を詳しくご紹介します。

頑固な皮脂汚れを落とすには?

汗や皮脂が酸化した皮脂汚れは弱酸性の汚れなので、弱アルカリ性の洗剤を使って落とすことができます。弱アルカリ性の洗剤は石鹸や重曹、洗濯洗剤など身近に多くあります。また、時間経過により色素が染み付いている場合は漂白剤が効果的です。色物やプリントの衣類の場合は、洗剤や酸素系漂白剤の組み合わせで落とせます。

皮脂汚れを落とす方法① 酸素系漂白剤+重曹

用意するもの

・酸素系漂白剤(液体)
・重曹
・アイロン

手順

1. 酸素系漂白剤(液体)と重曹を1:1で混ぜ合わせる。
2. 汚れが気になる部分に直接塗り込む。
3. 鍋にお湯を沸かし、2で塗り込んだところにアイロンの蒸気を当てる。
4. 水で洗い流す。

これ以外にも蛍光増白剤入りの洗濯石鹸やセスキ炭酸ソーダで落とす方法もあります。蛍光増白剤入りの洗濯石鹸で落とす場合は汚れ部分に塗り込んで落とすんですが、衣類自体の色も変色させる可能性がありますので、白物の衣類以外ではお勧めできません。

セスキ炭酸ソーダは水に溶かすとアルカリ性になるため、油やたんぱく質の汚れをよく落とします。また、汗などの酸性の匂いを中和してくれる役割もあります。ナチュラルクリーニング派の人にオススメな皮脂汚れの落とし方ですが、一時間近くつけおきする必要があることと、アルカリ性なので、絹やウールなどアルカリ性の洗剤に弱いものは×ですし、ポリエステルなどの化学繊維は、つけ置き洗濯に向きませんので注意が必要です。

それらを踏まえるとご家庭で皮脂汚れを落とすには酸素系漂白剤+重曹+アイロンの蒸気で落とす方法が第一選択になりそうですね。

シミでお困りの際はいつでもお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-351-355

カスタマー / (平日)9:00~19:00

メールフォームでのお問い合わせ

    画像添付

    -しみ抜き事例

    © 2021 三共クリーニング