お知らせ

THE NORTHFACE 子供ブルゾンのしみ抜き

いつもご覧になっていただき誠にありがとうございます。

今回はお子さんが着ていたNORTHFACEのブルゾンのしみ抜き事例です。泥や砂汚れと思われる頑固なシミです。普通に洗っても落ちませんが、前処理としみ抜きでキレイにする事が出来ました。下記に家庭でできる泥汚れの洗濯方法を載せておきますのでお困りの際は参考にしてみてください。

泥汚れは、普通に洗濯しても落としきれない

お洗濯でもお掃除でもそうですが、汚れは種類によって落とし方を変えるのが理想です。汗は水性汚れなので水でも落とせますが、皮脂など油性の汚れが混ざっていると、洗剤の力を借りたり水温を上げるなどしないと落ちにくくなります。

泥は、基本的に水にも洗剤にもほとんど溶けません。だから普通に洗濯すると、泥汚れは「落としきれない」という事態に陥ります。落としきれずにそのまま使えば汚れは上塗りされていくので、時間経過とともに落ちにくくなります。

■泥汚れは、まず乾かしてはたき落とす
どうするかというと、まずは乾かして、泥や砂をできるだけはたき落とします。
晴れの日なら1時間も干しておけばパキっと乾きますので、そうしたら外でこすったり叩いたりしながら、泥を落とします。やわらかめの歯ブラシを使ってブラッシングしてもよいです。

洗剤水に浸け置く…石けんがおすすめ!

乾かしてはたいた後の汚れについて。はたいても繊維の奥に入っているような泥汚れの多くは、皮脂など油分にコーティングされています。つまり、周りの油分を取り除かないと泥も離れてくれません。

■残った泥汚れは洗剤水に浸け置く
この対策には、洗剤液への浸け置き洗いがおすすめです。

■洗剤水の温度は40度弱・洗剤は合成洗剤より石けんがおすすめ
浸け置き洗いの洗剤水は、ぬるま湯に規定量の洗剤を溶かしたもの。水温は、皮脂が溶けやすく洗剤もパワーを発揮しやすい温度帯の「40℃弱」がイチオシです。洗剤はいつも使っているものでよいですが、ガイドのおすすめは合成洗剤より「石けん」。合成洗剤であれば「泥汚れ用」というものがよく落ちます。

洗剤水を作ったら、泥んこ部分にしっかり浸透するように浸し、30分~2時間ほど浸けておきます。あとは軽く絞って、ほかの洗濯物と一緒に洗濯機で洗えば出来上がりです!

 

-お知らせ

© 2021 三共クリーニング